Q & A

よくある質問 (ダイエットなど) について

よくある質問 身体のかたさ、ダイエットなど

スタジオに通われる前に、よくいただくお問合せが2つあります。

一つは体が固いのでレッスンについていけるかどうか、または柔らかくなれるかどうか。

そしてもう一つはダイエットについて。

それぞれの質問について、以下にご案内させていただきます。


固い体を柔らかくされたい方 さらに詳しく

ダイエットをされたい方 さらに詳しく


固い体を柔らかくされたい方

ヨガの画像、その2

体が固い場合には、よくストレッチが推奨されます。

しかし普段使わない深層筋を含め、筋力の劣った筋肉などを運動で増やさないと稼動域を広げる時に身体が悲鳴を上げ、なかなか望み通りの柔らかさとしなやかさを手に入れるまで時間がかかります。

また入念に考察されたストレッチのメニューを取り入れるためには専門のトレーナーに依頼せねばならず、その分確実につらい内容が多くなり、また意外と長い時間をかけねばならず、高額な費用に対して継続されにくい一面があります。


ヨガの画像、その3

その点、ヨガのいいところは日常的に有り得ない、絶対にしない動作やポーズを続けることで深層筋(インナーマッスル)を鍛えることができ、効果的に柔らかく、しなやかな身体を手に入れることができます。

また自律神経にも作用し、メンタル面が安定することで身体の緊張をほぐし、ストレスから解放されて結果的に身体が柔らかくなる効果も認められています。


ヨガの画像、その4

ヨガをすることにより体が柔らかくなるということは、基本的にアシュタンガ ヨガを含め、陰ヨガハタヨガなど、どの種類のヨガでも目的を達成することができます。

目安としては出来れば毎日少しずつのセルフトレーニング(15 ~ 20分程度)と、週に2回、最低でも必ず1回は上記のいずれかのレッスンにご参加ください。

いろいろなレッスンを調べる 種類別のヨガの説明はこちらから


ダイエットをされたい方

ダイエットの画像、その1

まずダイエットを検討されている場合、1日の基礎代謝量と消費カロリーを計算して正確に把握し、その上でダイエットのための1日の摂取カロリー量を決めてその量を上回らないように食生活に気をつけて下さい。

ダイエットをする時に目安となる摂取カロリー量はおおよそ基礎代謝量の1.25倍程度(基礎代謝量 + 総消費カロリー ÷ 2)といわれていますが、健康が維持できる範囲で、体調や状況に応じて適正な値を決めて下さい。

そしてバランスの取れた適切な摂取カロリー量を維持できた上で、リバウンドを避け、メリハリのある美しいシルエットを構築するためには、ぜひ積極的にアシュタンガ ヨガのレッスンにご参加下さい。


ダイエットの画像、その2

アシュタンガ ヨガをオススメする理由は2つあります。

まずヨガを60分程行った場合、通常160 ~ 180 kcal 程度のカロリーを消費するといわれていますが、これはある程度の運動量がある構成(レッスンの組立て)が前提で、それでようやくウォーキングと同程度の消費カロリーになります。

通常のハタヨガ(ゆったりと進行していく内容だったり、高齢者でもついていけるような優しい内容)だともう少し消費カロリーは少なくなり、ダイエットにはあまり効果はありません。

その点、動きのあるヨガでも倍以上の運動量があり、世界で最も運動量があると言われているアシュタンガ ヨガは、ランニングと同程度、またはそれ以上の消費カロリー(300 ~ 450 kcal)が期待できます。


さらに注目すべき点として効率的にインナーマッスルを鍛えることができ、ランニングなどと違って体幹が発達する点もリバウンド対策に非常に有効です。

フィットネスクラブなどでマシントレーニングを取り入れる場合、負荷が強すぎて女性には難しい場合が多く、またついてほしくない筋肉が目立つこともあります。

しかしアシュタンガ ヨガでつく筋肉は少しの表層筋と共にその下の深い層の筋肉(インナーマッスル)まで一様に鍛えられるため、女性らしい柔らかいシルエットのボディラインのまま体を作り替えることができます。

ヨガの画像、その1

また女性の方に多い悩みとして部分痩せがありますが、一般的には部分痩せは難しいと言われています。

このため有酸素運動をして全体の脂肪を落とさなければなりませんが、代謝をよくして脂肪の燃焼を図るには効果的な有酸素運動と共に筋肉が必要になります。

この点アシュタンガ ヨガはホットヨガでは絶対にできない正しい呼吸法でヨガをしていくことで理想的な有酸素運動を実践することができます。

同時に身体の内側にインナーマッスルをつけていくことで女性らしい柔らかなシルエットを維持しつつ必要な筋肉が増えていき、脂肪の燃焼を促します。


ヨガの画像、その4

ヨギーナではアシュタンガ ヨガのレッスンが実に全体の約8割を占め、毎日、複数のアシュタンガ ヨガのレッスンがあります。

細く引き締まったボディを目指す場合、ハードできつい筋トレを運動を2、3日に一度して重い筋肉をつけるのではなく、通常の負荷で出来る運動量の多いヨガ(汗だけをかくホットヨガではありません)を沢山することで身体が引き締まり、線が細くなっていきます。

がっしりとした筋肉をつけた短距離走の選手と、細く痩せた長距離走の選手との違いと同じで、長距離走のように毎日、脂肪燃焼に効果的なアシュタンガ ヨガを続けることが重要です。

満足のいくダイエットを目的にされている方は、通い放題のフリーパスなどを活用頂いて出来るだけ毎日、アシュタンガ ヨガのレッスンに参加して下さい。

そして週に1、2回、動的なヨガに慣れている身体を修正するメンテナンス的な意味でハタヨガや陰ヨガなどのリラックス系のヨガにも参加されることで身体が驚くほど伸ばされ、ほぐれていくことで、よりアシュタンガ ヨガの効果が上がることを実感いただけます。

アシュタンガ ヨガについて 種類別のヨガの説明はこちらから